2012年11月15日

【動画】11・15 渋谷 TPP断固反対 国民演説会


2012_11_15Anti_TPP.jpg



「TPP参加断固反対」を訴えるため、お集まり下さった皆様、冷え込みの中、ありがとうございました。




Video streaming by Ustream

http://www.ustream.tv/recorded/27024888


この日、渋谷駅ハチ公広場で、自民党支持の右翼市民団体の駅前演説と競合してしまい、通行の方々からは、同じ右翼団体の演説会とまちがわれやすかったようです。

安倍晋三氏を支持するその右派団体も、TPPには反対であったかと思うのですが、ちょうどこの日、安倍自民党総裁から、TPPを容認するかのような姿勢の表明があったことが報じられています。
これら、自民党政権待望者の方々は、TPPに関する、自民党総裁の姿勢のぶれをどう考えておられるのか。

いずれにせよ、直近の選挙で、TPPに参加するかしないか、は重要な課題となるでしょう。

この日の演説中、繰り返し訴えたことですが、TPPに賛成とか容認とかいう候補者や政党には、断じて票を投じないという姿勢が、現在必要であると思います。

国際協定ですから、国家意思決定に関し、あいまいな態度は他国への迷惑にもなります。また、いったん締結したら退却も離脱も、きわめてむずかしい協定であり、安直な姿勢で臨むことは許されません

ただの貿易協定などというものでなく、国や固有文明のありかたを、根本的に変容させてしまうものなのだということを、わきまえない候補や政党に、支持を与えるべきではないでしょう。

今回衆院選にて、当地渋谷の東京都第7区で、「国民の生活が第一」より立候補する、中田兵衛氏(現豊島区議員)が演説会に参加明確に、「TPP反対」を主張し発言されました。(時間48分〜)

ほか多くの国民より、危険な協定TPPをしりぞけるため、ご発言いただきました。

同じ広場で開催されていた、当方とは無関係の団体による演説会と、音声が重複しききとりづらいちころもあると存じますが、なにとぞよろしくご視聴ください。







posted by 小吹 伸一 at 23:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

【一斉蜂起】11・15(木)TPP反対! 同時多発行動の日

 
さて昨日、当方主催の、【11・15 渋谷 TPP断固反対 国民演説会】をご案内させていただいたのですが、この日、さまざまなTPP反対アクションが、どういうわけか連鎖的に勃発するようですので、詳細並べて、広報いたしたく存じます。

開始時刻順に、以下の通りです。

 < 11:30〜12:30 >
11月東アジアサミットでのTPP交渉参加表明を阻止する超党派議員・国民集会
と こ ろ : 憲政記念館 講堂
 地図

最寄り駅:東京メトロ 丸ノ内線・千代田線  国会議事堂前駅下車 2番出口から徒歩7分
有楽町線・半蔵門線・南北線  永田町駅下車 2番出口から徒歩5分
 参 加 者 超党派議員・消費者団体・生産者・各業界団体など               
 呼びかけ人 山田 正彦(民主党)  加藤 紘一(自民党) 鈴木 克昌(国民の生活が第一)
石田 祝稔(公明党) 紙 智子(共産党) 福島 瑞穂(社民党)
内山 晃(新党きづな)平山 泰朗(国民新党)  鈴木 宗男(新党大地・真民主)
舟山 康江(みどりの風)  平沼 赳夫   小林 興起(減税日本)
荒井広幸(新党改革) 田中 康夫(新党日本)   亀井 静香(無所属)

※詳細は上記リンク先ご参照ください

 
 <14:00〜>
「TPP交渉参加断固阻止緊急全国集会」 JA全中
ところ :砂防会館 「利根」 地図
  集会終了後、
 <16:00〜17:00>
官邸前抗議行動 JA全中


 <16:00〜19:00>
渋谷  TPP断固反対  国民演説会
主催:TPPを断固拒否する国民行動
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

 <18:00〜20:00>
ASEAN首脳会合に於ける野田首相、TPP交渉参加表明阻止 官邸前抗議


また、同日北海道札幌、道庁前にて
 <18:00〜20:00>
ASEAN直前TPP参加表明反対道庁前抗議行動(予定)
主催 : 反TPP反ACTA北海道action

開催予定とのことです。


なぜか、この11月15日に「TPP反対」の行動が集中しているのですが、各地同時に決起、触発が起こることは、切迫した情勢にかんがみ、望ましいことと存じます。

なにゆえに他国から持ち込まれた、交渉過程が秘匿される急進的グローバル協定を、民意の付託を受けていない支持率最低の内閣の首相が、専断的に参加を押し進めることができるのか。これは正真正銘の暴政と呼ぶほかありません。

このような政権および党に支持を与えてきた議員らは、その責任を免除されることはないでしょう。

また、所属政党を問わず、TPPに賛成という議員や支持者らは、NAFTAによって、米国の勤労大衆がますます悲惨な状況に陥った現実を、どのように考えるのでしょうか。新自由主義による、徒花の繁栄の夢想から、いまだ醒めていないのでしょう。

TPP推進者がいかなる詭弁を用いようが、交渉参加へ向けてのこれまでの経緯が、政権担当者による、一方的宣言と強行にもとづく、反民主的な手法によって推し進められてきた事実を覆い隠すことはできません。

米国および日本のグローバル企業群による収益のために、国民生活と文化文明を、弱肉強食型資本主義に変容させてしまい、国家主権を国民から奪い取る、悪辣きわまる協定TPPに、断固、反対の声を上げ、これを拒絶しましょう。日本は、経団連やグローバル企業の専有物ではありません。

11月15日を触発の契機とし、「TPP反対、断固拒否」の意志表明が、日本全土にあまねく広がり、これを斥けることを、一国民の立場から、明確に意図し実現を図ります。

国民同胞の皆様、今おられる場所で、なしうることを。よろしくお願いいたします。


TPPを断固拒否する国民行動
小吹 伸一

 
 
posted by 小吹 伸一 at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

11・15 渋谷 TPP断固反対 国民演説会

Bus_dead.jpg

野田内閣による、「TPP交渉参加を表明し解散」が懸念される状況となってきました。

解散はよろしいのですが、すでに最低の支持率にまで凋落した内閣による、悪政やり逃げのTPP交渉開始決定など、言語道断というべきです。

たとえ直後に政権が代わっても、国家意思表明をくつがえすことは容易ではなく、「失ううものが最大で得るものが最少の史上最悪の選択肢(鈴木宣弘)」と言われるTPPに、なし崩しに引き込まれてゆく危険があります。
現実にこれまでまさしく、なし崩しに日本がTPPに引きずり込まれる推移をたどっています。

われわれ国民の立場より、断固たる「TPP反対」声を上げ、通行の人々に強く、TPPの危険性につき直接訴えます。

お時間のある方、ぜひご参加ください。
「TPPに強く反対する国民」どなたでもご発言いただけます。

とき:平成24年 11月15日(木) 16時〜19時頃
場所:JR渋谷駅 ハチ公口

自主配信こちらで予定 http://bit.ly/ORFRYh 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@livedoor.com

なお、同日15日、全国農政連とJA全中による、TPP反対全国集会が都内実施されることが報じられています。14時より、砂防会館です。

さらに、これも15日、TPPに慎重な超党派議員らによる集会と決議が行われる、と報じられています。

1月20日(火)には、STOP TPP!! 経団連前アクションが開催されます。

 野田暴走内閣の暴挙を懸念し、さまざまな行動が連鎖的に発生しています。
国民の声により、グローバル極大化協定、TPPをかならず阻止せねばなりません。

危機意識を共有する有志による行動をお願いいたします。

「地獄行きのバス」には、乗らずに見送りましょう。

Not_for_sale_page0001.jpg
posted by 小吹 伸一 at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。