2013年08月27日

9・1(日)渋谷 【 TPP断固反対国民演説会 】実施します。

9・1(日)渋谷 【TPP断固反対国民演説会】実施します。

とき:平成25年9月1日(日曜)16時〜18:30頃
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

もはや狂気の沙汰とよぶべき事態が進行しています。

日本政府が参加するやいなや、TPP交渉の「早期合意」へ向けての動きが加速。ブルネイで開かれた8月22、23日閣僚会合は、「2013年の妥結に向けて交渉を加速させるよう、交渉官らに指針を与える」との共同声明を発しました。

また、十二カ国の交渉官を一堂に集める「全体会合」は、今回ブルネイ交渉が最後となり、「出席国やテーマを絞った小規模会合で交渉を続け早期妥結」とも報じられています。ただでも秘密の交渉を、さらに密室性の高い協議でスピードアップし、「合意」に向けひたすら前倒しの様相です。
年内妥結を目標にするなら、日本側は安易な妥協を重ねることになるに決まっています。
TPP反対者らの、「交渉に参加したらもはや離脱は困難」、「遅れて交渉参加することは不利」、「秘密協議では国民の利益は守れない」などの予見が、ことごとく的中しています。

安倍自民党は、昨年末衆院選では、「TPPに反対」であるかのごとく国民を騙して集票し、政権の座につきました。ところが選挙後すぐTPP交渉参加。参院選では、「交渉で守るべきは守る」と唱えていましたが、日米協議や、関連改革で、輸出自動車関税維持、かんぽ保険新サービス凍結、輸入車簡易認証受け入れ枠拡大、アフラック・日本郵政提携など、米国側に譲歩し続けている実態が次々に伝えられています。

さらに、軽自動車税増税の政府方針が示されています。郵政アフラック提携もそうですが、「交渉の結果」として発表すると、日本が交渉敗けしたという形になってしまうため、「日本側の改革」という形で、米国側の期待に応え、TPPやグローバル化の地ならしをするという、姑息な手法がとられています。
混合診療の導入なども、「TPPとは別に」進めるでしょう。向かうところは同じ、「ハゲタカ資本主義改革」です。

さらに、「『著作権保護』を口実にしたインターネット監視・検閲と取締り強化につながるおそれが大きい」と、EUでの大反対運動によって欧州議会で否決された、かのACTA(偽造品の取引の防止に関する協定Anti-Counterfeiting Trade Agreement)を、日本政府はTPP交渉で再度、推進にもちこみたい構えをみせています。

拙速、強引、欺瞞、民意無視、情報隠しと、国民の利益に反する手法に徹した、グローバル化の加速装置とよぶべきTPP交渉からは、「離脱撤退」、これ以外に、国と国民を守る道はありません。

「早期妥結」などとんでもないことです。「早期撤退」を強く求め、この日、国民同胞への呼びかけを行います。
有志ご参加のほど、よろしくお願いいたします。


日本政府・安倍政権へ。

TPP売国交渉から手を引いて、東電原発の汚染水流出を止めよ。

【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 
 
 
posted by 小吹 伸一 at 07:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

【動画報告】8・11 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守りましょう 国民演説会


真夏日にお集まり下さった皆様、歩みを止めて聞いて下さった方々、ありがとうございました。

開催直前に夕立が降ったのですが、かえって数日来の酷暑をやわらげてくれました。天候にも感謝せねばと思います。
このハチ公広場では、これまでに何度も、TPP反対の演説会を実施していますが、今回は、立ち止まって話を聞いてくれる、とくに若い方が増えたという印象を持ちました。

うちひとりの若い女性から、「TPPに私も反対します。でもどうやったら止められるんですか」とのお尋ねをいただきました。
「『こうやれば確実に止められる』という方法を、今、私は知りません。まずは、TPPの危険を理解していただき、回りの人たちに広めたり教え合ったりして、これは絶対に止めなくてはいけないものだということを、多くの方に分かってもらうことが必要だと思います」と、お答えしました。

方法を探すより前に、「何が何でも止めるという意志」を、人々に持っていただかなくては、権力が推し進めているTPP参加への動きを、止めることはできません。特定の方法は、うまくゆかないことがあります。不退転の意志は、「あらゆる方法」をさぐり、自分にできる範囲での、できるだけの行動をとろうと模索します。そのような固いおこころざしを、多くの方に抱いていただけることを希望します。

8・11【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守りましょう  国民演説会 】皆様からのコメント


動画冒頭5分20秒より、前衆院議員、生活の党、三宅雪子さんからの訴えがご覧いただけます。






参議院議員、山本太郎氏が参加し、通行者への訴えかけに加わって下さいました。
山本議員到着から退出までの密着動画はこちらから。




この演説会は都内各所で継続して行います。TPP多国間交渉、そして日米間の危険な並行協議(日米FTA)が進行している状況では、警告、啓発、説得、拡散共有の、あらゆる努力が払われなくてはいけないと認識しています。

「TPPに加入したら、日本はもはや日本ではなくなる」ということを、多くの同胞民衆に、ぜひおわかりいただくための、民から民への訴えを、引き続き行い、阻止に至るまで続けます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com

posted by 小吹 伸一 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

8月11日(日曜)渋谷【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守ろう! 国民演説会 】実施します。


【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守ろう! 国民演説会 】 実施します。

とき:平成25年8月11日(日)16時〜18時30分頃
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

皆様、現状のままでゆけば、日本は確実にTPPに参加することになるでしょう。

極度のグローバル化協定TPPの発効は、われわれが受け継いだこの日本に、急速に、異様な変貌をもたらすでしょう。社会のすべての分野に構造破壊をおよぼすTPPにより、どれほどの変化が起こるか、それを明確に見通せる者は誰もいない。長く続いてきた文化と歴史が、実質、破壊されてしまうでしょう。
現在、TPP交渉と、日米並行協議が行われていますが、日本国民にとってははじめから「どれだけ守れるか」という益のない勝負をしているわけです。何分野何品目を守れば、他の膨大な分野の制度崩壊を受け入れてもよい(ネガティブリスト方式)、という話に、そもそもいつ、国民が合意したのでしょうか。

「異常な契約」TPPにより、格差の拡大、地方共同体の荒廃、国民生活の不安定化、賃金と就業率の悪化、医療の高額化、国民皆保険制度の崩壊、著作権の過剰強化による人間の創造性の低落、国家主権の喪失による民主主義の機能不全が生じるでしょう。

営利第一、利潤至上主義の論理が社会の全分野に貫徹したその先に待つのは、「生きるに値しない社会」でしょう。現在のアメリカ合衆国やメキシコの庶民を覆っている貧困と荒廃、あれが近未来の日本国民の姿ということになるでしょう。今、われわれが阻止行動をとらなければ、次世代に絶望の未来を引き渡すことになります。

「平成の売国」TPPに断固反対の意をとなえ、また国民同胞への、危険の周知警告のため、街頭演説会を行います。
日本と、われわれ自身の、人間らしく生きられる条件を守るため、「TPP断固反対」の立場より発言いただける方、ご参集下さいますようお願いいたします



【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com
 
 
【参考動画:「TPP断固阻止 ・ ヤバいぞ! 日米並行協議」 新宿駅辻立ち】
2013年6月16日(日曜)夕刻、新宿駅東南口広場にて。

 
 
posted by 小吹 伸一 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。