2013年11月16日

【緊急特別】11・17(日)自由のために、秘密保護法案を廃案に! 「強行採決阻止」呼びかけの集い




11・10渋谷 TPP断固反対国民演説会 【 最悪! TPP 最低!! 秘密保護法 】ご参加、ご協力、ご視聴下さった皆様、誠にありがとうございました。

さてこのたび、緊急切迫の情勢につき、日曜定例実施の当アクションでは、主題を「秘密保護法案を廃案に!」といたします。

11・17(日)自由のために、秘密保護法案を廃案に! 「強行採決阻止」呼びかけの集い
とき:平成25年11月17日(日曜)16時〜19時30分頃
ところ:渋谷駅ハチ公広場


まず間違いなくTPP交渉も「特別秘密」に指定され、われわれ国民の将来に甚しい変容をもたらす協定の協議内容について、「秘匿が合法、追究は違法」という、民主社会にあるまじき倒錯をもたらすであろう「特別秘密保護法」を、市民社会の全力を挙げて立法阻止し、「廃案」にせねばならない状況と判断します。

11月15日(金)、衆議院の厚生労働委員会で社会保障プログラム法案(高齢者の医療費窓口負担倍増など)が、野党の怒号の反対を無視して強行採決という暴挙が演じられました



秘密保護法も、同じく、自民与党による強行採決がはかられることが、はなはだ憂慮されます。

原発事故処理、拡散する放射能と公衆被ばく、文明破壊TPP、消費税増税による大不況への突入、軍事体制への政権与党の傾斜など、多重国難の日本において、国民による権力監視と暴走阻止のためには、「情報は国民のもの」という原理の堅持が絶対に必要です。情報なくして、適切な判断は下せません。

特定秘密保護法案はさらに、憲法改正草案、国家安全保障基本法案などと一体をなし、軍国化への道をひらく軍事立法としての性格を持ちます。
参照)「秘密保護法の制定に反対する憲法・メディア法研究者の声明」(155名)
「特定秘密保護法の制定に反対する刑事法研究者の声明」(132名)

端的に言って、「戦争準備、反対世論の封殺・弾圧のための法案」であるということです。断じて廃案にせねばなりません。

特定秘密保護法への批判の高まりにつれ、「安全保障」と「知る権利」の調整指針、「ツワネ原則(Tshwane Principles 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則)」が着目されています。

「公衆は政府の情報にアクセスする権利を有する(情報は国民の公共物)」を第一原則とし、「人権、人道に関する国際法の違反についての情報の制限不可」、「監視システム、認可手続きについて国民が知る権利」、「秘密保持による公益を上回る公益をもたらす内部告発者への報復禁止」、「『共謀』による訴追の禁止」、「人権侵害対応に必要な情報の秘匿禁止」、「無期限機密の禁止」などの、市民の権利および人権への配慮にもとづくガイドライン、「ツワネ原則」にこそ準拠した、公共情報管理原則の設置が望まれます。

「ツワネ原則」に照らすならば、日本国会で審議中の「特定秘密保護法案」などは、時代錯誤、人権軽視、行政権の不当拡大、権力による悪用への歯止めを有しない、前近代性丸出しの根本的欠陥法案ということになるでしょう。
参照)国際基準(ツワネ原則)から逸脱する「秘密保護法案」
ツワネ原則手本に 欠陥だらけ秘密法案白紙を (東京新聞)
特定秘密保護法は「ツワネ原則」から逸脱 憲兵隊の復活を危惧する声も


「超悪法」、特定秘密保護法案の成立をゆるすことは、われわれの自由を窒息させ、対外的には、日本を人権後進国に転落させるでしょう。第二次大戦においてファシズム陣営に位置付けられた、あの立場に引きずり戻されるのです。当運動は、これを拒否します。

情勢にかんがみ、「秘密保護法廃案」を前面に出しますが、本来主題であるTPPについてのご発言も、もちろん結構です。ご参集ください。

なお、このご案内文公示の本日、11月16日(土)、東京渋谷にて、
★11.16みんなでストップ!TPPデモ(ほか秘密保護法反対などマルチイシュー)

実施されます。ぜひご参加ください。

また、17日同日ですが、

「TPPとか秘密保護法とかって何!?湘南ウォーキング@藤沢」
も開催されます。こちらもよろしくお願いいたします。

ほか、#ザ草の根街頭同時多発アピールをご参照ください。

自宅からできる反対表明方法としては、「議員にメール・FAXで反対意見を送る」というものがあります。
皆様の選挙区議員のホームページから、送信先をお調べになり、ぜひ送ってください。
「国民には、議員に意見を送る権利がある」のです。とりわけ、極度に誤った方向に政治が暴走しようとしている場合、国民の声こそが歯止めを果たす、最大の力となります。


今いらっしゃる場所で、できることを。自由のために。
なにとぞよろしくお願いいたします。


TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/
実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 

≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫
(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan

11月16日(土)みんなでストップ!TPPデモ
〜Everybody let's stop the TPP!〜
https://twitter.com/emi_mumemo/status/391105543466536960

12/7・8 「大デモ」
http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-11643520645.html

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

scrap_it_page0001.jpg

FREE_page0001.jpg
seacret_page0001.jpg


fascist_page0001.jpg


posted by 小吹 伸一 at 08:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日スーツデモという新橋で行われたデモに参加しましたが、みなスーツでまとまり訴求力をやる側として実行しました。今デモ参加者は太鼓やプラカードなど、正直私も以前は社会のつまはじきの人たちや変わり者くらいにしか思ってました。みなヒッピーみたいな格好です。デモするだけで誰もどうしたらデモが効果あるとか話し合わない感じです。ただ叫ぶだけでなく今必要なのは気にはしているくらいの人たちを仲間にすることだと思います。

一つ提案としてはドレスコードとして参加者をスーツ等で統一すると非常に訴求力があるかと思います。(新橋ではやる側として一体感を感じました)

また やはり人数がいないと議員やメディアは軽視するので一万以上のオーダーでいかないといけない。

勉強不足ですがそう感じました。
Posted by デモ参加者 at 2013年11月16日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。