2013年10月18日

【反TPP日曜街宣】10・20(日)新宿 TPP断固反対国民演説会 実施します


IMGP0212_R.PNG

IMGP0203_R.PNG

前回、10・13(日)新宿 TPP断固反対国民演説会にご参加下さいました、皆様、拡散ご協力下さった皆様、ありがとうございました。
事情により、主催自身でウェブ中継行いましたが、画質・音質ともよくありません。また配信途切れが起り、うまくゆきませんでした。不首尾をお詫び申し上げます。bit.ly/1hFuOMn

日曜毎に実施しており、続きます。

10・20(日)新宿 TPP断固反対国民演説会
【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】
とき:平成25年10月20日(日)15時〜17時半頃
ところ:JR新宿駅東口 アルタ前交差点付近
http://goo.gl/maps/RSaAp

(開催時刻・場所は前回と同じです)

米国の予算問題による議会膠着の影響で、TPP交渉は現在、たいへん微妙なところにさしかかっているようです。
ドーハ・ラウンドのように膠着に陥って、まとまらず流産となるか、または安倍売国内閣がめざすように、年内で、一気に合意へと進むおそれなしとしない、との、篠原孝議員の見解を紹介した記事があります。

亡国TPP発効阻止については、どうやら希望は持てるものの、何しろ秘密交渉なので、油断も隙もあったものではありません。
また、米国が主導力を低下させている現状で、売国首相安倍晋三が、「年内妥結へ日本が主導的役割を」などと、完全な気狂い沙汰の妄言を発していることからも、楽観すべき状況ではないと考えます。

日本全国での、TPP対抗運動の拡大強化への促しの一端をつとめるべく、なお街頭での警世活動を続けます。有志の皆様の力添えをたまわりたく、お願いいたします。

また、現在臨時国会で審議中の、特定秘密保護法案が、わるくすれば近日成立という切迫した状況にあります。
情報統制、国民監視・抑圧体制強化に直結する、特定秘密保護法案(秘密保全法)についての反対演説も歓迎とします。多くの国民が、この法案の危険性どころか、内容も何もいまだ知らないという状況にあるようです。

有志による弁論、呼びかけをお願いいたします。

TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/
実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 


【共催】
権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/
脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫
(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
thisisfact.jpg
posted by 小吹 伸一 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

【反TPP日曜街宣】10・13(日)新宿 TPP断固反対国民演説会 実施します


10・6(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会 ご参加・協力下さいました皆様、中継ご視聴下さった方々、ありがとうございました。

thisisfact.jpg
参加者の方の持参プラカード。



http://twitcasting.tv/keitarou1212/movie/21549070

@keitarou1212 さんによる動画

さらに街宣演説会を継続いたします。次回は新宿駅頭です。

10・13(日)新宿 TPP断固反対国民演説会
【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】
とき:平成25年10月13日(日)15時〜17時半頃
ところ:JR新宿駅東口 アルタ前交差点付近
http://goo.gl/maps/RSaAp

去る10月8日、TPPバリ交渉における首脳会合後、首脳声明が公表されましたが、われわれ反対者にはさいわいなことに、「大筋合意」の宣言が盛り込まれることはありませんでした。

首脳声明では「年内妥結」をめざすことを強調していますが、実際には関税はじめ各分野での交渉が難航しているらしいこと、また、米国が予算不成立で政府機関閉鎖に至り、、オバマ大統領もAPECおよびTPP首脳会合を欠席せざるをえない危機的事態を迎えていることなどから、「もはやTPP年内妥結は非現実的」と見る、ジェーン・ケルシー教授の見解も示されています。

しかし、売国首相・安倍晋三はTPPの成立に依然、強い意欲を示しています。
TPP首脳会合およびAPECの舞台バリ島において、「岩盤のように固まった規制を打ち破るには、強力なドリルと、強い刃が必要だ。自分はそのドリルの刃になる」と演説し、弱肉強食型資本主義(新自由主義)的改革の推進を宣言しているほどなので、たとえそのために国民の反対を黙殺し踏みにじってでも、TPPの実現に突き進む意向であるものと見られます。

また現在、TPP対策委員長・西川公也による、「聖域」5項目(586品目)の関税撤廃検討発言が、「公約違反」「裏切り」と、農業関係者や地方での反発を引き起こしている最中ですが、交渉で守れる品目などほとんどなく、妥結を目指すなら譲歩するしかない、ということは、すべてのTPP反対論者が指摘してきたことです。

徹底的なグローバル主義構造改革TPPに、農業の「聖域」を守れれば参加してもよしという立場には、当運動は立っておりません。自民党の公約違反は、「TPPの交渉に参加していることそのもの」にあるというのが、主催の認識です。

また、極度の秘密交渉という、TPPの非民主性も容認できません。TPPには、経緯、内容、協議のやり方、どこに着目しても、日本のため国民のためになるところがどこにも見つからないという、まさしく「異常な契約」です。
「バリ島大筋合意宣言」により交渉妥結が加速するという事態にはなりませんでしたが、これは多国間交渉自体の難しさと、米国の国内事情によるところが大きく、TPP反対の国民の圧力が高まったため、というわけではありません。
ここで気を抜くことはできないと、当然に判断します。

また、今月15日召集の臨時国会において、かの「特定秘密保護法案(秘密保全法)」が提出される模様、13日新宿街宣は、国会再開直前のアクションとなります。

「特定有害活動」についての明確な定義や要件が定められておらず、政府側の一方的解釈により、どんなことでも、特定秘密に指定でき、情報を漏らした者も得た者も、得ようとした者も最高懲役十年という、「国民の知る権利の侵害」以外の何ものでもない、戦前戦中の「軍機保護法」にもたとえられる「特定秘密保護法案(秘密保全法)」を、断じて廃案にさせなくてはなりません。

TPPもそうですが、国民にとって重要な情報を秘密にすることを正当化する、どのような大義名分も、法制による正当化も、ゆるすべきではありません。
利害当事者は、われわれ国民なのです。正しい情報が得られなければ、適切な判断を下すことができず、人生や生命を守ることができません。「知る権利」は、文字通り死守しなくてはいけないと考えます。

そのため、当運動による【反TPP日曜街宣】では、特定秘密保護法案(秘密保全法)についての警鐘の演説や、阻止の働きかけも歓迎とします。

有志弁論者のご発言お待ちいたします。協働なにとぞよろしくお願いいたします。


TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/
実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 


【共催】
権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫

(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
no_more_bullshit.jpg
TPP_LDP2.jpg
公党が詐欺を働いてはいかんぞ。


posted by 小吹 伸一 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

【反TPP日曜街宣】10・6(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会 実施します

前回日曜街宣、9・29(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会に参加、協力下さった皆様、ありがとうございました。中継ご覧下さった方々、拡散ご協力下さった各位に御礼申し上げます。ありがとうございました。


http://twitcasting.tv/keitarou1212/movie/20987445


http://twitcasting.tv/keitarou1212/movie/20989441


さて現在、TPP首席交渉官・閣僚会合がバリ島で行われている真っ只中です(10/1〜2首席交渉官会合 10/3〜閣僚会合 10/8首脳会合)。
この10月1〜8日のバリ会合の進捗次第で、8日首脳会合において、同じくバリ島で7日より始まるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に同期させ、「TPP大筋合意」を宣言し、年内合意への道筋をつけたいというのが、米国および、追従する日本政府の意向とみられます。

また、ニュージーランドも年内合意に前向きとの報道がなされています。

「TPP締結は規定路線であり、国民が反対してもムダ」という世論を形成するために、ひたすら前倒しに既成事実化をはかる、米日(およびNZ)グローバリストの焦慮がうかがえます。

こうした現状につき、TPPで道全体が重大な影響をこうむる、北海道新聞が、強く警告を発しています。
【社説】TPP交渉 大筋合意の状況にない(9月30日)「いったん大筋合意をすれば、交渉離脱も困難になる。安易な米国追随は認められない」「日本政府は不利益なルールを突き付けられれば「いつでも交渉から離脱する」との立場を取ってきた。だが大筋合意後は、交渉参加12カ国の中で経済規模2位の日本が離脱する選択肢は、事実上封じ込められる


一昨年より警告されてきた、「TPPの交渉に参加すれば、たとえ不利な交渉となっても離脱は困難」という、TPP反対派の予見そのままに、事態は進行しています。
「交渉して不利だったら離脱すればよい。交渉に参加しなければ、有利か不利かわからないじゃないか」という主張が、TPP推進派の詭弁でしかなかったということは明白であると思います。

さらに恐るべきことに、バリ島会合にやや先立ち東京で行われた日米並行協議会合において、「合意内容に違反があった場合、厳しい措置がとれる紛争解決の仕組みを構築することの必要性も話した(米通商代表部カトラー次席代表代行)」との報が流れています。

もしもTPP多国間交渉が不首尾となっても、日米並行協議において合意した事項は、TPPの発効とは別に守らなくてはならないとする、ISD条項に類するペナルティ制度挿入が協議されているようです。

すでに、米国車の輸入簡易受け入れ枠拡大、対米輸出車の関税維持など、日本側にとって不利益きわまる「合意」が公表されていますが、これら、TPP交渉参加の「入場料」として払わされた条件を、TPPをやるやらないにかかわらず履行すべし、と。

米国側が、自国に有利なルールを日本側から勝ち取るという目的を着々と達成しつつあるのに比べ、日本側は、受け身で追随しているというのが「協議」の実態でしょう。
有利な成果を、何か獲得したという話を絶えて聞きません。

現在、TPP推進派と阻止派が、それぞれさまざまな事情をかかえつつ拮抗している状況と見ます。
阻止派の対抗運動も今後、真剣で激しいものになってゆくと思われます。当運動もその一端を担い、さらに継続して、【毎週日曜反TPP街宣】行います。ご参加ください。

また当面、秘密保全法(特定秘密保護法)についての演説も、併せ取り入れれます。ご発言下さい。

特定秘密保護法は、10月15日より再開される国会において、安倍売国内閣が提出するかの見通しです。

通常、「三十日以上でなければならない」と行政手続法に明記されているパブリック・コメント受付期間を、政府は二週間で切り上げましたが(手続法違反であり、本来、国会提出は許されません。適正手続きの遵守という民主主義の原則に違背しています)、そこまで強引に、売国内閣が法案成立をめざす理由は、どうも、TPP交渉についての情報を「特定秘密」に指定し、交渉内容が途中流出し国民の反対意見を激化させることにならないよう統制したい、ということのようです。

「報道の自由配慮」を明記する、と原文案にあるそうですが、ならば、こうしてインターネットを用い、無償で独自に調べたり発信したりすることは、「報道」に含まれるでしょうか。解釈により、インターネット規制はじめ、表現・言論の自由抑圧の危険をはなはだ大きく孕んでいます。
秘密保全法(特定秘密保護法)の成立が、ファシズム的に強行されるなら、ファシズム的な法解釈と、一体的運用がおこなわれるでしょう。

日本は今、重大な岐路に立っています。亡国グローバル協定TPPの、交渉過程秘匿の意味するところ、また秘密保全法(特定秘密保護法)の推進。
これらはそれぞれ別のことのようですが、同種の権力意志に由来すると思います。「知る権利の圧殺」です。
当事者国民に、真実を知らせない、知ろうとする権利を認めないという、権力側の横暴が、TPP多国間交渉では実際に進行しており、これに並行し関連して、日本国内では、情報統制が制度的に正当化されようとしています。
このいずれも、断じて阻止しなくてはならないと考えます。

繰り返します。「TPP大筋合意」が宣言されるおそれがあるのが、10月8日です。秘密保全法(特定秘密保護法)が提出されるおそれがある国会開会が、10月15日からです
残された時間は乏しく、真実と意志を拠り所とするわれわれ国民には、同胞の共感と協働をもとめるほかに途がありません。それをやります。

10・6(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】
とき:平成25年10月6日(日)17時〜19時30分
ところ:渋谷駅ハチ公広場

有志ご参加お待ちいたします。日本破壊協定TPPの危険を、できるだけ多くの人に、ぜひおわかりいただくために、お力添えください。

TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/
実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 

【共催】
権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 




TPP_LDP.jpg
BKD3_page0001.jpg

posted by 小吹 伸一 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

9・29(日) 渋谷 TPP断固反対国民演説会 【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】実施します。

9_22tpp.jpg

9月22日(日)「TPP断固反対新宿演説会」ご参加下さった皆様、ありがとうございました。
ちょうどよい天候での実施となりました。
耳を傾けてくださる方、関心をしめしてくれる方は確実に増えています。粘り強く訴え、亡国TPPを断じてしりぞけましょう。引き続き、皆様のお力添えをお願いいたしたく存じます。



毎週日曜、実施継続いたします。次回は、
9・29(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】
とき:平成25年9月29日(日)17時30分〜20時頃
ところ:渋谷駅ハチ公広場

この日、お茶の水の、明治大学駿河台キャンパスにて、シンポジウム「知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区」が、13時30分〜16時30分、実施される予定です。
最新のTPP情勢を学びたい方、とくに、TPPにことよせて導入されるおそれがある、規制緩和・構造改革政策、「国家戦略特区」の実相について知りたい方、ぜひ参加ください。

当方の「TPP反対国民演説会」は、国民より、さらに多くの国民へ向けての啓発と説得、公論喚起のため、街宣を続けて参ります。
この長い歴史と文化をもつ、かけがえのない日本を、グローバル資本の漁り場に変えてしまう、きわめて愚かな協定の発効を、許すことは絶対にできません。ご協働なにとぞよろしくお願いいたします。

【共催】
権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 



TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/
実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 



≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫

(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

【9月29日(日)】知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区
http://kokucheese.com/event/index/113983/

【9月30日(月)】
「山本太郎と学ぶTPP等」集会
https://sites.google.com/site/nonukesman/tarou

【10月1日(火)】
JA全青協、JA全国女性協主催 街宣 「今こそ考えよう TPPのこと〜農業・国産農畜産物理解促進PR〜」東京国際フォーラム地上広場にて10〜14時
http://www.jacom.or.jp/news/2013/09/news130926-22273.php

【10月1日(火)】
TPP阻止国民会議・TPPを慎重に考える会共催シンポジウム マレーシア国会議員韓国弁護士らゲスト
(時刻・場所現在未確認。こちらで公示見込み⇒http://tpp.main.jp/home/



「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan



Not_Agreed_page0001.jpg
BKD_2_page0001.jpg
posted by 小吹 伸一 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

9・22(日)新宿 TPP断固反対国民演説会【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】実施します。

前回、9・15(日)新宿 TPP断固反対国民演説会 ご参加、ご視聴下さった皆様、まことにありがとうございました。
初まり頃、雨がちだったのですが、収まりました。






さらに実施いたします。時刻、場所は前回と同じです。
とき:9月22日(日)15時〜17:30頃
ところ:JR新宿駅東口 アルタ前交差点付近
    http://goo.gl/maps/RSaAp

現在、日米など12カ国のTPP首席交渉官会合が18日、ワシントンで実施中です。
時事通信によれば、「米国は年内妥結を強く要求」ということですが、シリア問題で威信を低下させているオバマ政権としては、無条件にいいなりになる属国日本政府の役人の尻を叩いて、妥結への道筋を早くつけたいということではないかと思います。

例によって完全な秘密交渉ですから、リーク情報により交渉の展開をうかがうことでは容易ではありません。周辺状況の報道によって、TPPの行く先を察知することが適切かもしれません。

先立つ9月12日付の日本農業新聞に、着目すべき記事が掲載されました。

ベトナム 短粒種を増産 日本へ米輸出にらむ (2013/9/12)


日本の農業企業がベトナムで日本米の栽培を指導、経営者の、「TPP交渉で日本政府は重要5品目を守れない」との判断により、当初は第三国へに輸出、将来的には日本への "逆輸出" を意図しているとのことです。

「先見の明」ある農業事業者は、コメは聖域などという自民党の言い草はもはや信じておらず、安価な外国産米の流入により、日本国内のコメ農家が廃業に追い込まれてゆく近未来において、「勝ち組」に回ろうと機敏に動き始めているようです。

TPPはむろん、農業だけの問題ではありませんが、農業の分野に限定しても、「自由化=商機」ととらえる風潮の端緒があらわになっています。
しかし、それによりもたらされるものは何でしょうか。食の安全の低下、食糧自給の低下、地方の荒廃、大量の失業の発生ではないでしょうか。また、「聖域」とされる農産物以外の作物の生産者はどうなるのでしょうか。それらの人々は、淘汰にさらされてかまわないのでしょうか。

国益も、国民の利益も度外視して妥協するのでなければ、TPPの妥結は不可能です。それを急いでやろうとしている安倍政権の意図をはばむために、引き続き、国民同胞へ訴える機会を、できるだけ多く作ってゆきます。なにとぞ共働ください。有志弁論者のご発言をお待ちいたします。

なお、同日、私どもの演説会・デモにも参加してこられた山本太郎参院議員が、【反TPP・反秘密保護法!】全国街宣キャラバン を開始します。第一日目として、渋谷ハチ公前にて、16:30〜17:00で演説行うとのことです。こちらもぜひ、拡散、参集のほどよろしくお願いいたします。

また、猫みかんさん主催の、「TPP絶対反対!湘南ウォーキング@茅ヶ崎」(14時に中央公園(JR茅ヶ崎駅北口徒歩5分)集合。14時半出発)が行われます。こちらにも、ぜひご参加ください。

同時多発的に、あちらでもこちらでも、多くの人々が「TPP断固反対」の訴えを行っている、という日になりますが、それは望ましいことです。以下に、今後または継続中のイベントを紹介いたします。広報、ご参加よろしくお願い申し上げます。「みんなで」、亡国TPP阻止に取り組み、成し遂げましょう。


「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

【9月21日(土)】シンポジウム 「9.21国民生活とTPP」- 交渉の内幕・憲法から見たTPP –
http://tppshimin.arigato.net/

【9月29日(日)】知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区
http://kokucheese.com/event/index/113983/

「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan


NO GO TPP_page0001.jpg
posted by 小吹 伸一 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

9・15(日)新宿 TPP断固反対国民演説会【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】実施します。

前回、9月8日(日)渋谷での、「TPP断固反対演説会」は、豪雨の中での実施となりました。ご参加下さった皆様、まことにありがとうございました。

前回動画  A  B  C  D    
 
「NNN-NEWS」なにぬねノンちゃんねるネットニュース より

撮影は横浜のノン(脱原発・反TPP&ACTA)
@jg1evhさんです。
ガイガーカウンターで空間線量を計りながら中継するという手法です。
降雨のためか、0.25〜0.28μ㏜/hという、スリリングな数値が示されている様子がご覧いただけます。


さらに、TPP断固反対国民演説会、場所を変えて、新宿にて実施いたします。
とき:9月15日(日曜)、15時〜17時30分頃
ところ:JR新宿駅東口 アルタ前交差点付近 
http://goo.gl/maps/RSaAp

現在、TPP交渉参加に韓国が意欲を示しているとの報道が流れています。
米韓FTAでさんざんな譲歩を強いられたはずですが、懲りたどころか、グローバル化の趨勢に徹底的に順応し、国際競争での浮上をはかりたいものと見られます。

安倍晋三売国首相の、「汚染水は港湾内で完全にブロック」という大ウソにより東京オリンピックの開催決定のはこびとなり、勢いづいた政府は、五輪開催地東京を、「国家戦略特区」と指定し、雇用・解雇の規制緩和、企業優遇税制、混合診療など、TPPへの地ならし政策を一気に推進したい姿勢をしめしています。
「TPPなど農家の問題で、他人事だ」と思っている東京人がまっさきに、TPPによる構造改革の影響を受け、長時間労働低賃金、簡単にクビを切られるワープア地獄に引きずりこまれる事態の兆候があらわれています。

「TPP参加はもう決まったのだから、交渉で日本の利益を主張せよ」といった、政府側の既成事実化に与する論調の報道や社説が多くみられます。「交渉に参加し、不利なら離脱すればよい」という論理は、いつの間にか消えてしまったようです。日米並行協議であきらかな、日本側に不利な譲歩の数々、また多国間交渉で有利に運べる材料が何ひとつ見られないにもかかわらず、交渉は継続してゆく。
そもそも、国民的議論も同意もはからず、政権与党の公約違反により参加している交渉です。「国民の反対により離脱する」でよろしいのです。

このまま、売国政権の方針にしたがいTPP、そして実質的日米FTAに引き込まれてゆくならば、われわれ国民大衆には、暗く重い未来しかないでしょう。グローバル企業の営利活動に、社会のすみずみまで圧迫された、「金のために人が存在する」文明が、この時代にやってくるでしょう。
それを喰いとめ、流れを変える責任が、われわれにはある、と考えます。

「TPP断固反対」の街宣活動はなお、継続してまいります。
国民有志による、国民同胞への訴えの声をお待ちしております。どなたでもご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。

【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 

≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫

(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

「STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/

【9月14日(土)】9.14 TPPシンポジウム「このまま進めて大丈夫なの? TPP交渉」
http://stoptppaction.blogspot.jp/2013/08/914-tpptpp.html

【9月21日(土)】シンポジウム 「9.21国民生活とTPP」- 交渉の内幕・憲法から見たTPP –
http://tppshimin.arigato.net/

【9月29日(日)】知らなかったではすまされない!―TPPと国家戦略特区
http://kokucheese.com/event/index/113983/

「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4

「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan 



TPP_DEATH_page0001.jpg
 
posted by 小吹 伸一 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

9・8(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会 【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】実施します。


前回 9・1(日)渋谷 【TPP断固反対国民演説会】動画
http://youtu.be/9M4YIuy90M0



9・8(日)渋谷 TPP断固反対国民演説会 実施します。
サブテーマは、前回演説会と同じ、【早期合意にNO! 離脱せよTPP売国交渉】といたします。

とき:平成25年9月8日(日曜)16時〜18:30頃
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

現在報じられるところでは、TPP首脳会合首脳会合は10月8日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合と重ねて実施されるもよう。

10月1、 2日には首席交渉官会合、3、4日閣僚会合を開き、8日午後からの首脳会合で「『大筋合意』の実現を目指す」「APECまでに決められるものは決める」というのが、現在の流れであるようです。
この「10・8大筋合意宣言」をめざし、水面下、または作業部会別の密室交渉が加速するものと見られます。

売国首相・安倍晋三氏の見解でも、「10月APEC首脳会合の機会を重要な節目とし、年内妥結を実現すべく努力」とのこと、年内といえばあと4か月を切っていますから、もはや国民の都合も不安もおかまいなしに、ひたすら「合意」「妥結」をめざして進む、「倍速売国」のモードに突入しているものと見なせます。

いっぽう、「交渉は鋭く利害対立しており、妥結する前に決裂するのではないか」という見方も存在しています。

当運動主催としては当然、「交渉決裂」もまたよしとしますが、「放っておけばそうなる」との楽観主義の立場には立ちません。
日米並行協議に限っても、一方的に国民にとっての利益を失うことになっているという現実を見れば、「交渉を続けるだけで害がある」ことは明白です。

TPPの交渉に反対し、交渉に参加したことそのものに「与党公約違反」の異議を唱えつづけ、「秘密交渉からの即時離脱」を求めて、大きく声を上げ、人々に訴えつづけます。

有志弁論者のご参加、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


日本政府・安倍政権へ。TPPとか余計なことをやってないで、東電事故原発の汚染水対策に専念せよ。



【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 


≪ご案内 いろいろな「TPP反対」のイベント≫


(註:これらの各イベントは当ブログ管理者とは異なる主催者・団体によるものです。詳しいお問い合わせは、各リンクページの連絡先へお願いいたします)

STOP TPP!! 官邸前アクション」
(毎月第一火曜日 首相官邸前集会 ほか臨時イベント)
http://tpp.jimdo.com/


9.14 TPPシンポジウム「このまま進めて大丈夫なの? TPP交渉」
http://stoptppaction.blogspot.jp/2013/08/914-tpptpp.html


シンポジウム 「9.21国民生活とTPP」- 交渉の内幕・憲法から見たTPP –
http://tppshimin.arigato.net/


「TPPストリートミーティング」
(毎週金曜21時頃より 高円寺駅前 路上ちゃぶ台形式の自由参加交流会。 告知はTwitterで)
http://bit.ly/165mDH4


「TPP絶対反対!湘南ウォーキング」
(毎月第4日曜日、湘南近辺で実施される『お散歩デモ』。告知はTwitterで)
https://twitter.com/notppshonan


TPP_GETOUT2_page0001.jpg
WHO Agreed TPP_page0001.jpg
posted by 小吹 伸一 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

9・1(日)渋谷 【 TPP断固反対国民演説会 】実施します。

9・1(日)渋谷 【TPP断固反対国民演説会】実施します。

とき:平成25年9月1日(日曜)16時〜18:30頃
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

もはや狂気の沙汰とよぶべき事態が進行しています。

日本政府が参加するやいなや、TPP交渉の「早期合意」へ向けての動きが加速。ブルネイで開かれた8月22、23日閣僚会合は、「2013年の妥結に向けて交渉を加速させるよう、交渉官らに指針を与える」との共同声明を発しました。

また、十二カ国の交渉官を一堂に集める「全体会合」は、今回ブルネイ交渉が最後となり、「出席国やテーマを絞った小規模会合で交渉を続け早期妥結」とも報じられています。ただでも秘密の交渉を、さらに密室性の高い協議でスピードアップし、「合意」に向けひたすら前倒しの様相です。
年内妥結を目標にするなら、日本側は安易な妥協を重ねることになるに決まっています。
TPP反対者らの、「交渉に参加したらもはや離脱は困難」、「遅れて交渉参加することは不利」、「秘密協議では国民の利益は守れない」などの予見が、ことごとく的中しています。

安倍自民党は、昨年末衆院選では、「TPPに反対」であるかのごとく国民を騙して集票し、政権の座につきました。ところが選挙後すぐTPP交渉参加。参院選では、「交渉で守るべきは守る」と唱えていましたが、日米協議や、関連改革で、輸出自動車関税維持、かんぽ保険新サービス凍結、輸入車簡易認証受け入れ枠拡大、アフラック・日本郵政提携など、米国側に譲歩し続けている実態が次々に伝えられています。

さらに、軽自動車税増税の政府方針が示されています。郵政アフラック提携もそうですが、「交渉の結果」として発表すると、日本が交渉敗けしたという形になってしまうため、「日本側の改革」という形で、米国側の期待に応え、TPPやグローバル化の地ならしをするという、姑息な手法がとられています。
混合診療の導入なども、「TPPとは別に」進めるでしょう。向かうところは同じ、「ハゲタカ資本主義改革」です。

さらに、「『著作権保護』を口実にしたインターネット監視・検閲と取締り強化につながるおそれが大きい」と、EUでの大反対運動によって欧州議会で否決された、かのACTA(偽造品の取引の防止に関する協定Anti-Counterfeiting Trade Agreement)を、日本政府はTPP交渉で再度、推進にもちこみたい構えをみせています。

拙速、強引、欺瞞、民意無視、情報隠しと、国民の利益に反する手法に徹した、グローバル化の加速装置とよぶべきTPP交渉からは、「離脱撤退」、これ以外に、国と国民を守る道はありません。

「早期妥結」などとんでもないことです。「早期撤退」を強く求め、この日、国民同胞への呼びかけを行います。
有志ご参加のほど、よろしくお願いいたします。


日本政府・安倍政権へ。

TPP売国交渉から手を引いて、東電原発の汚染水流出を止めよ。

【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com 
 
 
posted by 小吹 伸一 at 07:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

【動画報告】8・11 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守りましょう 国民演説会


真夏日にお集まり下さった皆様、歩みを止めて聞いて下さった方々、ありがとうございました。

開催直前に夕立が降ったのですが、かえって数日来の酷暑をやわらげてくれました。天候にも感謝せねばと思います。
このハチ公広場では、これまでに何度も、TPP反対の演説会を実施していますが、今回は、立ち止まって話を聞いてくれる、とくに若い方が増えたという印象を持ちました。

うちひとりの若い女性から、「TPPに私も反対します。でもどうやったら止められるんですか」とのお尋ねをいただきました。
「『こうやれば確実に止められる』という方法を、今、私は知りません。まずは、TPPの危険を理解していただき、回りの人たちに広めたり教え合ったりして、これは絶対に止めなくてはいけないものだということを、多くの方に分かってもらうことが必要だと思います」と、お答えしました。

方法を探すより前に、「何が何でも止めるという意志」を、人々に持っていただかなくては、権力が推し進めているTPP参加への動きを、止めることはできません。特定の方法は、うまくゆかないことがあります。不退転の意志は、「あらゆる方法」をさぐり、自分にできる範囲での、できるだけの行動をとろうと模索します。そのような固いおこころざしを、多くの方に抱いていただけることを希望します。

8・11【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守りましょう  国民演説会 】皆様からのコメント


動画冒頭5分20秒より、前衆院議員、生活の党、三宅雪子さんからの訴えがご覧いただけます。






参議院議員、山本太郎氏が参加し、通行者への訴えかけに加わって下さいました。
山本議員到着から退出までの密着動画はこちらから。




この演説会は都内各所で継続して行います。TPP多国間交渉、そして日米間の危険な並行協議(日米FTA)が進行している状況では、警告、啓発、説得、拡散共有の、あらゆる努力が払われなくてはいけないと認識しています。

「TPPに加入したら、日本はもはや日本ではなくなる」ということを、多くの同胞民衆に、ぜひおわかりいただくための、民から民への訴えを、引き続き行い、阻止に至るまで続けます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com

posted by 小吹 伸一 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

8月11日(日曜)渋谷【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守ろう! 国民演説会 】実施します。


【 TPP断固反対 日本を売るな、壊すな、守ろう! 国民演説会 】 実施します。

とき:平成25年8月11日(日)16時〜18時30分頃
ところ:JR渋谷駅 ハチ公広場

皆様、現状のままでゆけば、日本は確実にTPPに参加することになるでしょう。

極度のグローバル化協定TPPの発効は、われわれが受け継いだこの日本に、急速に、異様な変貌をもたらすでしょう。社会のすべての分野に構造破壊をおよぼすTPPにより、どれほどの変化が起こるか、それを明確に見通せる者は誰もいない。長く続いてきた文化と歴史が、実質、破壊されてしまうでしょう。
現在、TPP交渉と、日米並行協議が行われていますが、日本国民にとってははじめから「どれだけ守れるか」という益のない勝負をしているわけです。何分野何品目を守れば、他の膨大な分野の制度崩壊を受け入れてもよい(ネガティブリスト方式)、という話に、そもそもいつ、国民が合意したのでしょうか。

「異常な契約」TPPにより、格差の拡大、地方共同体の荒廃、国民生活の不安定化、賃金と就業率の悪化、医療の高額化、国民皆保険制度の崩壊、著作権の過剰強化による人間の創造性の低落、国家主権の喪失による民主主義の機能不全が生じるでしょう。

営利第一、利潤至上主義の論理が社会の全分野に貫徹したその先に待つのは、「生きるに値しない社会」でしょう。現在のアメリカ合衆国やメキシコの庶民を覆っている貧困と荒廃、あれが近未来の日本国民の姿ということになるでしょう。今、われわれが阻止行動をとらなければ、次世代に絶望の未来を引き渡すことになります。

「平成の売国」TPPに断固反対の意をとなえ、また国民同胞への、危険の周知警告のため、街頭演説会を行います。
日本と、われわれ自身の、人間らしく生きられる条件を守るため、「TPP断固反対」の立場より発言いただける方、ご参集下さいますようお願いいたします



【共催】
TPPを断固拒否する国民行動
http://tpp-negative.seesaa.net/

権力とマスコミの横暴を正し人権を守る国民の会
http://ameblo.jp/kenryoku-jinken/

脱原発国民の会
http://stopnukes.blog.fc2.com/ 

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@gmail.com
 
 
【参考動画:「TPP断固阻止 ・ ヤバいぞ! 日米並行協議」 新宿駅辻立ち】
2013年6月16日(日曜)夕刻、新宿駅東南口広場にて。

 
 
posted by 小吹 伸一 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。