2012年07月27日

7・26 経団連前抗議行動 報告と動画


Sunflowers.jpg
このたびも、ひまわりの花束の差し入れをいただきました。


夕刻まで非常に暑い日でしたが、十数名の参加者にお集まりいただきました。

今回、開始時間を17時30分と若干早めたのですが、付近のオフィスで働く人々の退勤時刻と合わせる形となり、より多くの通行者に、TPPの危険を訴えることができたと思います。
時節柄、参加者の方々には、充分に水分補給し、体調が思わしくない場合、無理をせず休憩ないし退出していただきたくお願いします。

今回もIWJにより中継、記録していただきました。



http://ustre.am/:1DLpX

今回、元阿久根市長の竹原信一氏にご参加、演説をいただきました。


http://ustre.am/:1DLsd

動画視聴コメントまとめ
120726 経団連会館前 TPP反対抗議行動


P_1.jpg

P_2.jpg

TPPは非常に広汎な分野に及ぶ協定ですので、懸念される社会の変容は、さまざまな視点から考察することができます。農業を心配する方も多いと思いますが、雇用、保険、環境、法律、社会保障、知的財産など、激変にさらされるのはほとんど社会の全分野といっていいと思います。演説者それぞれにより、異なった視点や問題意識から発言しましたが、共通一致の認識は、「危険な協定であり、絶対にTPPには参加すべきでない」ということです。

いまだ、TPPの危険を訴える警世の声は、充分な高まりを示しているとは言えません。それが「何」なのか、国民だけでなく、交渉当事者である政府や官僚、この一連の抗議の対象である経団連所属の経営者にも、自分たちが何をやろうとしているのか、分かっていないのではないかとも考えられます。

自覚のないまま、取り返しのつかない愚挙を犯してしまう、そうなる前に、「STOP!」の声を上げ、破滅を回避するために、できることを実施しましょう。


引き続き経団連前にて、抗議実施します。

次回は、8月2日(木)、17時30分より20時まで、同じ場所と時間帯です。
はなはだしい危険に直面している日本を、社会と文明を守り、次世代に引き渡せるよう、共に声を上げて下さい。

この抗議活動にご参加いただくことに、もちろん限りません。できる範囲で、可能なことを実施していただきたくお願いいたします。
悪質なグローバル協定に、日本が引き込まれてしまう前に、全力で阻止しましょう。

よろしくお願い申し上げます。
 

Tpp_Negative_Finger_page0001.jpg

TPP_Nega_saru_page0001.jpg
 

 
posted by 小吹 伸一 at 09:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

7・26(木)TPP反対! 経団連前抗議行動


経団連会館前、抗議さらに実施いたします。

平成24年 7月 26日(木) 17時30分〜20時(雨天も実行)

途中参加・中途退出随時OKです。短い時間でも、ぜひご参加ください。

 一般社団法人 日本経済団体連合会
(千代田区大手町1-3-2 東京メトロ「大手町」駅 C2b出口直結) 
地図)

TPP_NEGATIVE_page0001.jpg
拡散用チラシ TPP_NEGATIVE.pdf

 TPP推進企業団体連合会、経団連への抗議・糾弾を行い、オフイス街大手町を通行する方々に、TPPの危険を警告します。

「TPP反対」のスピーチリレーを行います。ご発言希望の方、「一言言いたい!」という方、歓迎いたします。
TPPへの協定加入に危惧を抱く、国民同胞の皆様のご協働をお願いいたします。

自作カンバン、プラカード等持ち寄り歓迎します。
ビル風が強い地域ですので、強風にご注意ください。

 【 ご参加の方々へ 】
・撮影や中継を受け入れています。お顔を撮影されたくない方は、マスク等ご準備ください。

・一般の通行に支障のないようご配慮ください。


・非暴力の抗議行動です。言葉や表現においても、一定の節度と配慮をお願いいたします。


さて7月20日付 日経新聞に以下の記事が掲載されました。



経団連夏季フォーラム、TPPや円高の課題解決促す
 長野県軽井沢町で開いた経団連の夏季フォーラムが20日閉幕した。与野党双方の幹部議員を交えた議論では、経営者側から環太平洋経済連携協定(TPP)や円高への対応などに不満が続出。政党を超えて、課題を解決するよう求める声が相次いだ。討議には民主党の仙谷由人政調会長代行と自民党の林芳正政調会長代理が参加した。
 東芝の西田厚聡会長は「成長戦略は自公政権でも実行されなかった。野田政権の再生戦略でも優先順位が見えない」と批判。新日鉄の宗岡正二社長は「高い法人税やTPPの停滞など『6重苦』を政治主導で解決すべきだ」と訴えた。
 米倉弘昌会長は終了後の記者会見で「TPPなど問題が山積しているので、引き続き首相の背中を押す」と総括した。


ご承知のように、経団連はTPP加入推進の本丸ですから、参加経営者らの、「TPPへの対応に不満」というのは、「とっととTPPへの交渉参加を表明しろ」という意味です。「政治主導で解決すべき」という発言は、「国民の声など無視し、政府決定という形で決めてしまえ」ということです。
また、米倉会長の「引き続き首相の背中を押す」という言葉は、これは解釈不要、そのままの意味です。野田佳彦首相は「背中を押されて」いるのであり(押されて動く軽さは問題ではありますが)、押しているのは経団連そしてその代表の、米倉弘昌という人物です。

上の記事のような経緯を経てでしょうか、本日7月22日の北海道新聞に、首相、TPP参加の必要性強調 時期は明示せず の記事がありました。



 野田佳彦首相は22日、母校の早大・大隈講堂で講演し、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題について「日本もルールづくりに主導的に参加することが大事だ」と述べ、交渉参加の必要性を重ねて強調した。参加決定時期については明示しなかった。
 TPPに関し「これから発展していくアジア太平洋地域の需要を取り込んでいくことが日本の成長にもつながる」と指摘した。
 消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案を念頭に「決めるべきことを決める政治を果敢にやり遂げる決意だ」として、早期成立を目指す決意を示した


野田佳彦は、財務省と経産省と経団連が代わりばんこに操縦しているようなパペット政治家です。反応は早いのですが、実際のところ、TPPの参加表明に踏み切れば、また民主党から離脱する議員が出て、即刻下野する破目に陥りますから、大御所経団連様からの圧力といえど、今回は相当にやりにくいでしょう。とはいえ、与党を分裂させてまで消費税増税法案の採決に踏み切った完全操縦ロボですから、TPPに関しても、押されて特攻するおそれは、十二分にあります。

この場合やはり、「操縦する側」の責任が、強く追求されてしかるべきではないでしょうか。

noda_yone.jpg

経団連(一般社団法人 日本経済団体連合会)は日本のもっとも影響力ある経済権力であり、その会長の地位は「財界総理」と呼ばれます。TPP推進に関し、協議等の実務は経済産業省が行いますが、推進力は財界に、その中心は経団連にあるものと、当抗議行動の主催者は認識します。

一群の巨大企業の収益性にもとづいた判断により、この日本の文化文明を、極度のグローバル化協定に巻き込んでよいはずがありません。その影響は、全土、社会の全分野に及ぶのです。「失うものが最大で得るものが最小の史上最悪の選択肢」との、鈴木宣弘教授の警告がおそらく、正鵠を射ています。鈴木教授による緊急呼びかけを、未読の方はぜひお読みいただき、既読の方は薦め広めていただきたいと思います(なお、当抗議行動の主催者と鈴木教授との間には関係はありません。著書や論文より学ばせていただいているだけです)

    TPP参加に向けての国民無視の暴走を止める
http://notpp.jp/2012_07_11_Prof_Nobuhiro_Suzuki.html

またも抜き打ち騙まし討ちのTPP交渉参加を、断固阻止するため、その主要な推進元である経団連に対し、引き続き抗議糾弾を行います。

賛同の方、ぜひご参集ください。
毎週木曜日に、継続的に実施の予定です。

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@livedoor.com


【追記】
こちらで中継予定です!
   ↓
http://ustre.am/uy8S



拡散ご協力ありがとうございます。<(_ _)>

posted by 小吹 伸一 at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

7・19(木)TPP反対! 経団連前抗議行動


前回、7月12日に続き、経団連会館前にて、さらに実施いたします。

平成24年 7月 19日(木) 18時〜20時(雨天も実行)
途中参加・中途退出OKです。

一般社団法人 日本経済団体連合会
 (千代田区大手町1-3-2 東京メトロ「大手町」駅 C2b出口直結) 

地図


Save_Japan__page0001.jpg
Ar_Ya__page0001.jpg

等のカンバンを用い、TPP翼賛グローバル企業団体連合会への抗議・糾弾を行い、通行者にTPPの危険を訴えます。
国民同胞の皆様のご参加を、心よりお待ちいたします。

公正性が強く疑われる通信社の世論調査によると、【環太平洋連携協定(TPP)については「交渉に参加するべきだ」が57.6%、「交渉に参加するべきではない」は21.7%だった。】とのことです。

もちろん、世論調査の結果すなわち民意そのものではありませんし、その数字をもって、日本の興亡にかかわる重大問題を決定してよいわけがありませんが、こうした調査結果は、TPP参加へ向けて既成事実を積み上げ協定に引き込みたい側の勢力によって、悪用される恐れが多分にあります。

あらゆる方法、機会をとらえて「TPP反対」の公論を高める必要があると考えます。

なにとぞ有志のお力添えをお願いいたします。

実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
 п@070−5552−8284
Mail: kobukidesu@livedoor.com


TPP_KEIDANREN.jpg

記事

SUMITOMONSANTO.jpg
食の未来はスミトモンサント!
  

【7月22日追記 実施報告】

前回よりやや人数増え、約20名の方々にご参加いただきました。
IWJ様、中継ありがとうございました。

参加の方々に交替で抗議演説行っていただき、「TPP反対」の意を訴えました。引き続き実施いたします。

今後ともよろしくご参加、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

中継の感想コメントのまとめはこちらです。作成して下さった方、ありがとうございます。

120719 TPP反対!経団連前抗議行動



posted by 小吹 伸一 at 22:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

7・12 TPP反対 経団連前抗議行動 報告


平日にもかかわらず、十数名の方々がご一緒くださいました。中途参加、退出の方もふくめ、、急な告示に応じ、お忙しい中、駆けつけてくださった皆様ありがとうございました。

経団連会館前にて、18時より20時まで実施しましたが、この区域は典型的なオフイス街ですから、勤め人と見られる通行者も多く、抗議内容に耳を傾けてくれる方も多くいたと感じました。

また、参加された方の中に、こちらのチラシを配布されていた方がおられ、途中でお帰りになったそうです。べつの参加者の方が若干枚お預かりしていたチラシを、演説者交代したおり、、私から通行者に配布したところ、すぐに配り切ってしまいました。付近にお勤めの方々も、問題意識をお持ちなのだと思います。




http://ustre.am/:1CqFg

 iwakamiyasumi5様に中継、記録していただきました。
ありがとうございました。

この抗議行動の同日、以下のような報道が産経新聞よりなされています。

TPP政府内検討「今月中に進めたい」 外務副大臣
2012.7.12 20:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120712/plc12071220480021-n1.htm
 【外務省の山口壮副大臣は12日の記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題をめぐる政府部内の検討について「米国が大統領選を抱えており9月以降は大統領選が熱を帯びると思う。今月中に進められるものは進めておきたいというのが本音だ」と述べた。TPPをめぐっては、政府は8月中に参加を正式決定し、米国など関係9カ国に通告する方針を固めている。】


同日の読売新聞では、【 TPP交渉参加、期限設けず判断…野田首相 】とする、およそ反対の内容が報じられています。

このような場合、「悪い方の知らせが正しい」ものと考え行動することが妥当であると思います。ことTPPに関し、その悪影響は日本という国の存続に関わることですから、絶対に楽観視すべきでないと考えます。

特に野田佳彦から何か発言があった場合、その言葉は「嘘であるか、守られることはない」と判断し対応する必要があります。

この抗議行動は継続実施します。次回予定は当ブログにて公示いたします。
どうぞ、皆様の参加ご協力を宜しくお願いいたします。


小吹 伸一 
 
 

posted by 小吹 伸一 at 09:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

【緊急行動】7・12(木)TPP交渉参加に反対する経団連前抗議


平成24年7月12日(木) 18時〜20時

経団連会館前にて、TPPおよび交渉参加に断固反対の抗議行動を実施いたします。


一般社団法人 日本経済団体連合会
(千代田区大手町1-3-2 東京メトロ「大手町」駅 C2b出口直結 
<地図>


お時間の都合よろしい方は、ぜひご一緒に、「TPP拒否」を訴え、抗議の声を共に上げていただきたくお願いいたします。


7月10日早朝、「TPP交渉参加 来月表明」のニュースが流れました。

 【政府は9日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題で、8月中に参加を正式決定し、米国など関係9カ国に通告する方針を固めた。早ければ8月上旬に消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案が成立するのを待ち、野田佳彦首相がオバマ米大統領ら関係国首脳との電話会談で正式に伝達。今年12月にカナダ、メキシコと同時に交渉入りすることを目指す。】

誤報であれば喜ばしいのですが、消費税増税法案・大飯原発再稼動に見る、民意完全無視、強権行使の前例に見るように、もはや既得権融合権力の要望を忠実に実行することしか念頭にない野田内閣ならば、亡国協定TPPへの参加前倒しをも、平然と強行することは確実と見られます。

十万余の群集が、抗議で官邸周辺を埋め尽くしていても馬耳東風という、非人間的内閣首班・野田佳彦の、操縦元の主要なひとつである、米倉弘昌会長を頂点とするグローバル企業連合体、経団連に対し、「TPP断固拒否」の国民の意志を示します。

急遽の呼びかけにて、お忙しいところ恐縮ですが、この告知をご覧になった方、賛同いただけましたら、ご参加または拡散のほど、よろしくお願いいたします。


実行責任者 小吹 伸一  @kobukishinichi
п@070−5552−8284

STOP_TPP_page0001.jpg

End_of_civillization_page0001.jpg


     
 【 宜しくお知らせください 】
             
   ↓

posted by 小吹 伸一 at 02:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

【予告】6月3日 消費税増税大反対デモ

平成24年6月3日(日曜)、現状での消費税増税に、「大反対」するデモを実施いたします。

時刻は夕刻、16時過ぎになる予定、現在準備中です。

長期デフレ、不況、低賃金の現況での消費税を増税など、倒産・破産・自殺・貧困化世帯が急増することは目に見えています。

皆様の、私たちの、生活、将来に関わる大問題です。意思表明にぜひご参加ください。

消費税増税反対デモ 2012
http://fairtax.seesaa.net/


にて公示いたします。よろしくお願いいたします。
posted by 小吹 伸一 at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

2・12浅草 【増税・TPP・原発に断固反対デモ】実施報告

2_12asakusa.jpg

比較的暖かい、穏やかな晴れ空のもとでデモ実施できました。

参加人数は当方数えで約45名。

浅草寺を周回し、雷門前を通過するコースです。地元商店会や地域の人々、観光客で、日曜は人出が多く、この日も大勢の人目に触れることができたと思います。
 「増税・TPP・原発に反対」という三色盛り込んだような内容のためか、街路の方々の反応は、多くは、賛成とも反対ともつかない、ただ眺めているといった様子の方が大方であったように感じました。
ですが、今は警告と啓発を目的として実施していますので、ただちに多くの賛意を得ることはできなくても、いずれ分かって下さるものと信じ、全力で語り訴えました。

原発反対の呼びかけに関しては、前回1月22日の同趣旨のデモ実施時には、「日本には、あと5基しか原発は稼動していません」と呼びかけていたのですが、その後さらに2基、定期点検で停止したため、今回、「あとたった3基です。このまま全部停めましょう」と呼びかけることができました(執筆の現在からさらに3日後に、高浜3号炉も停まります)。

通例のように、私が先頭にてデモ主旨の説明行い、安保否Uさんの横断幕、かえでさん(この日友人お一方も)のドラム、さらに、多くはこれまでもご一緒下さってきた参加者の方々に、今回初めての参加の方々も交え、「原発いらない TPP反対 雇用を守れ 増税やめろ 消費税上げるな」等、リズムに乗せややアップテンポのシュプレヒコールを呼号するというものでした。

動画にてご覧いただけます。撮影して下さった方々、ありがとうございました。

@gumintou2025さん撮影

http://youtu.be/gx0OcCFePbA

@takehemiさん撮影

http://twitcasting.tv/takehemi/movie/3693200#


http://twitcasting.tv/takehemi/movie/3693509#

歩道上にいた男性が、「これはいい。入れてくれ」といって、列後尾に加わって中途参加されていたとのことでした。
また、笑顔で手を叩く方や、車窓から手を振りながら追い越してゆく方もおられました。すぐにおわかりいただけた方も、それなりにいるのであろうと思います。少なくとも、不快げな反応や、明白な反対の意を示された人は、私が観取したかぎりでは、ありませんでした。

 人込みで賑わう雷門前を通過し、吾妻橋のかかる隅田川のほとりの遊歩道上に終着、解散。

このたびも無事故、無事終了いたしました。今回のデモにまつわる苦情通報等は発生していないことを、浅草警察署に確認しています。

共に声を上げ、世に訴えて下さった皆様に、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

今回デモについてお寄せいただいたご意見に、「増税、TPPには反対だが原発には容認的であったり、その逆の人もいるであろうから、テーマは単一のものにしたほうがいいのではないか」とのご指摘があります。
単一の、たとえばTPPに限ってのみ反対することが目的であるなら、たしかにその通りなのです。が、主催者としては、【デフレ下増税・TPP・原発】この三つが三つとも、何としても緊急にしりぞけなくてはならない、日本の近未来にとって、もっとも危険な陥穽であるという認識を、強く持っています。このうち一項目でも認めたら、そこから日本の衰亡が決定的になると考えています。

デフレ・不況の現状で、消費税はじめ増税政策により国民負担を加重するなら、倒産と廃業が連鎖的に拡がります。おそらく、自殺者が急増します。不況からの出口は閉ざされるでしょう。

TPP参加は、日本の文化構造を急速に変容させます。国内産業に、すさまじい淘汰の嵐が吹き荒れるでしょう。その中には、広汎な農業の諸分野が含まれますが、地域共同体や環境保持と切り離せない自営農が急速に衰退するならば、国土人心も併せて荒廃します。伝統と結びついた生活環境は、一度失われれば再生は困難です。少なくとも、各地方の県市町村の猛烈な反対を押し切って、TPP参加を決定することは、民主主義に完全に違背します。日本にどれだけの変容がもたらされるか見当もつかない大変動に、震災復興をなおざりに突進してよいはずがありません。

 原発は論外です。地震多発期に入った日本で、原発を維持できると判断できる根拠がありえません。次に深刻な原発震災が発生したならば、国内外に被災難民が溢れる惨状を惹き起こします。全部停止させ、廃炉を急ぐほかありません。

「経済の危険」、「文明の危険」、「生命の危険」と、種類や意味合いは異なりますが、いずれも、いかにしても容認することができません。「日本を破滅させる三つの愚行」について、一人でも多くの方に、警告し熟考をうながすために、前回そして今回は、【増税・TPP・原発】を、あえて並列し反対を訴えました。

日本を愛し、同胞子孫の幸福を願う皆様の賛意とお力添えを、今後もお願い申し上げる次第です。


実行責任者 小吹 伸一 @kobukishinichi
 
 


(参加者の方のブログ記事)
増税・TPP・原発 断固反対デモ IN 浅草 
http://3620065.at.webry.info/201202/article_17.html
posted by 小吹 伸一 at 00:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

2・12(日)浅草【増税・TPP・原発に断固反対デモ】実施します


2月12日(日)浅草にて、【増税・TPP・原発に断固反対デモ】実施いたします。

2_12bill_page0001.jpg
このチラシの印刷ページ2_12bill.pdf

■不況で賃金が上がらず、企業が潰れ、物が売れず、生活不安が広がっているのに、官僚の天下り天国や特別会計のムダ遣いを放置して、国民増税。

■全国の反対を押し切り、農林水産業壊滅必至・金融・保険市場をハゲタカ外資に簒奪させるTPP参加。

■地震頻発期に入った日本を滅亡に導く、停止原発の再稼動・核発電依存継続。
   ………………。

  「んなバカな話があるかっ! 反対だ!」

 という国民有志による抗議行動です。ご参加お待ちしております。

平成24年2月12日(日)  デモ出発 15時

雨でも雪でも実施します。

集合地: 花川戸公園 (東京都台東区花川戸1-15  東武浅草駅/メトロ銀座線浅草駅7番出口より5分)

花川戸公園への地図    駐車場情報

コース)花川戸公園〜二天門前〜言問通り〜国際通り〜雷門通り〜隅田公園まで


1_22demo.jpg
       前回の実施の様子

<お願い>

・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。

・プラカード、幟、横断幕など自作の持ち寄りを歓迎いたします。鳴り物、コスプレも御自由にどうぞ。

・暴力や加害を促す表現の使用を堅くお断りします。

【増税・TPP・原発に断固反対デモ】

実行責任者 小吹 伸一 @kobukishinichi

Mail: kobukidesu@livedoor.com
п@:070−5552−8284 

ぴにゃりくん_page0001.jpg
 
 
 
posted by 小吹 伸一 at 19:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

1・22 渋谷 【増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!】報告

ご参加下さった約50名の皆様、ありがとうございました。動画提供してくださった@showering00 さん、ありがとうございます。


http://twitcasting.tv/showering00/movie/3508316

前日からの天候不順で、何人かの方から、「雨天でも実施ですか?」との問い合わせのお電話をいただいていました。爾後、「雨天中止」と、ご案内に明記してある場合を除き、天候にかかわらず実施します。

スタッフに、たいへんな「晴れ女」の方がいて、ご本人は当日、多忙で参加がむずかしかったのですが、「自分が参加することで雨はやむ」と、途中まで加わってくれていました。そのためか(だったらすごい)、午後には冷雨がやみ、実施前には晴れ間まで見えていました。

みやしたこうえんでの集合のおり、参加されていた方から、「人数少ないなあ」との声が漏れました。他のイベントに流れたのだろうかとか、天候のためではと言い交わしていましたが、「給料前」とかの理由もあったかもしれません。

また、同日開催予定の、「脱原発浦安パレード」が雨天で中止となったため、主催の稲井邦利さんや、そちらの参加予定者も当デモに合流して下さいました。

横断幕は、かねてご提供いただいている安保否U さんです。今回テーマの「怒れ!」を強調したデザインで作成していただきました。

1_22demo.jpg

かえでさんはじめ何名か、ドラム等鳴り物を持ち寄って下さいました。
これがあると、注目度が非常に高まり、またシュプレヒコールが揃いやすくなるので大歓迎です。

また、自作プラカード持参の方、自前の拡声器を携えてこられた方もあり、小規模ながら人目を引くデモになったのではないかと思います。 

定刻に出発。シュプレヒコール担当は、矢野健一郎さんに、応答コールはさとしさんに、それぞれ拡声器を預け、私が沿道に語りかける方法を取りました。雨もやみ、渋谷の街は夕方近くでも大勢の人で賑わっていました。
 


「お騒がせして申し訳ありません。ご通行中の皆様、われわれは、増税反対、TPP反対、原発大反対のデモ隊です。現在、野田内閣が、消費税増税を進めようとしていますが、こんな不況で、皆が困っているときに、増税を許してはいけません。家計が苦しくなる程度ではすみません。小さな会社はやってゆけなくて、倒産と失業が増えるのです。経済全体が、ますます沈むんです。皆さんの生活を直撃します。TPP,これもいけません。この国の産業や文化のあり方を、完全に変えてしまう、恐ろしい協定です。交渉の段階で撤退しなくてはだめです。原発、これは一番だめです。震災時の大事故で、日本はあやうく壊滅するところでした。このような事故が再発したら、日本はもう対応できません。原発がないと電気が足りなくなるというのは大嘘です。日本全体で、原発は今、5基しか稼動しておりません。ほかは停止しています。電力が足りなくなってなどいません。今すぐ全部止めても、充分に電気は足りるのです」

など、ほぼ間断なく、とにかく全力で街頭に訴えました。

隊列では、シュプレヒコールはおおむね定番の、「原発反対、TPP反対」に「増税反対、増税やめろ」が加わった、シンプルで聞きとりやすいものが多用されました。

また、自前の拡声器で、私と同じように、路上に訴えかける参加者もおられました。そういう方法も歓迎します。お願い事項にある、「暴力表現お断り」を守っていただければ、言いたいことを言っていただいてかまいません。

 観取者からの反応はおおむね好意的だったと思います。大きく手を交差させて振る人や、「がんばれー」と声をかけてくれる人、車の窓を開けて話を聞いてくれる人、じっと目を注ぎ耳を傾けている様子の人。

中に、頭の上で手を叩きながら、デモ隊に沿って沿道から、かなり長いあいだ伴走して応援を送ってくれた男性がいました。主旨にたいへん賛同していただいたということだと思います。
 

参加者から聞いたことですが、一件、デモ隊の脇を追い抜いてゆくタクシーの車窓から、猛烈な罵声を投げられたとのこと。
これはおそらく、デモ隊のため所轄警察警備課が車線規制を行い、部分的に渋滞が発生するところへ、お急ぎ中にゆきあわせ、立腹されたものであろうと思います。申し訳ないことでした。お詫びいたします。

デモを実施すると、交通に影響があるため、私は原則、車が隊列を追い越しできなくなる単車線や片側1車線道路は避けて、最低片側2車線の道路上に、コースを設定します。それでも、やはり一切迷惑にならないようにとは、ゆかないようです。

渋谷駅前から宮益坂を上り、青山通りを通過。人も車も、家族連れもたくさんいて、とくに小さなお子さんを連れた父母の方に、聞き入りながら見送ってくれた人が多かったと感じました。

約60分で、明治通り沿いの神宮通り公園に帰着しました。
小規模ながら、皆が真剣で、熱意を込めた、力強いデモだったと言えると思います。


初めてのご参加の方も、馴染みの方、盟友の方々も、たいへんお疲れさまでした。
解散し、家路につく方、駅頭での「原発都民投票」の協力に向かう方、懇親会に参加された方、それぞれに分かれましたが、またの機会に協働いただけることを願うしだいです。

「怒れ、国民!」という、挑発的な副題を用いましたが、もちろんデモを見てその場で怒りだす人などはいないわけです。が、政治や、体制や、原発行政のありかたに、強い憤懣を秘め抱いた人は、決して少なくはないと思います。その怒りは正当な、変革の原動力として転換されうる感情であると思います。

表面的には平穏な日常にまぎれ、人がみずからなだめ、まぎらわせてしまう「怒り」を呼び覚まし、生存や未来のために、何かをしようという熱情を感じていただくこと、これが、このたびの主催の意図でした。

成功といえるのかどうか、今後の、現実の推移からしかわかりません。日本の難局をさらに救いがたいものにする、増税とりわけ消費税増税・TPP・原発の三大愚策を、国民の辿る道から取り除くことができれば、やった意義があったということになります。

私見では、デモとは、民意の触発によって、要求の実現可能性を引き上げる行為です。くわだて、重ねてゆくうちに、勝ち目が上がってくるのでなくてはいけない。多くの場合、一度では充分ではないでしょう。正当で合理的な要求を、適切と考えられる方法で、繰り返し訴えることで、遭遇した人々に共鳴が起こり、波及してゆくことを主眼としています。

それゆえに、人々の、人間としての怒りの感情に訴えはいたしますが、暴力の行使の主張は、絶対にこれを否定します。もののたとえでさえも、加害の罪を犯すことを、そそのかすことはしません。激発する怒りは破壊をもたらしますが、理性に沿って方向づけられるならば、怒りは持続的な、変革の力として機能すると思うのです。

おそらくこの年の、前半または春までに、われわれ国民の将来の明暗を分ける選択が、総意として決するでしょう。

国民にひたすら負担を強い、中小企業をなぎ倒しにする消費税増税の法案化は強行されるのか? われわれはそれを許すのか? 

利潤至上主義の原理によって固有文化や文明まで変容させてしまう、グローバル経済極限化協定、TPPへの参加に、日本はつき進むのか? それを皆受け入れるのか? 


5月までに、原発はすべて、定期点検で停まります。福島第一原発事故の正当な事象評価も確立していないうちに、続発する地震の中、再稼動が行われるならば、それはわれわれ国民の意思によるといえるのか?

当デモに参加してくださった方々は、この三つすべてに対し、断固反対の意思を示して下さいましたが、この日の渋谷の街を離れた、他の地域では、地方ではどうでしょうか。

主義や思想を超えて、健全に、安全に、できれば幸福に生きたいという、誰しもの望みにもとづき、われわれの選択が、多数の国民に共通のものであるよう、そうなるように、願い求めます。

できるだけ早期のうちに、このデモの続きを実施します。開催情報は、ツイッターとこのウェブサイトより発します。参加希望の方は、折にふれご確認いただきたく存じます。引き続きよろしくお願いいたします。
 

1・22渋谷 【増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!】
実行責任者 小吹 伸一
 
Mail: kobukidesu@livedoor.com
 :070−5552−8284 
@kobukishinichi
   

 
 
posted by 小吹 伸一 at 00:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

1月22日(日)渋谷 【増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!】実施します

Fury1_22_page0001.jpg

ご案内チラシを表示 Fury1_22.pdf

1月22日(日)渋谷 【増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!】実施します。

デフレ下の増税、TPP参加、原発維持いずれも、国民生活を完全に破壊し、日本の未来を奪う、排撃すべき三悪と認識します。
どの一項目をとっても、絶対に容認すべきでない、愚行の極致です。
怒りましょう! 人間らしく。受け入れがたい事態が、同意なく進行しているときは、怒るべきです。もっともっと、怒ってよいと思います。

消費税増税は、もはや早期退陣は不可避と思われる野田佳彦現首相が、財務官僚の洗脳による「不退転の覚悟」で法案化に猛進しており、TPPはすでに「交渉参加に向けての協議」が開始されました。
原発は、現在5基が稼動していますが、4月末までに全期が定期点検のため停止する予定で、再稼動に歯止めをかけることができれば、実質的に「脱原発」状態が達成されることになります。
すべてはわれわれ国民の声と、行動しだいです。

 「増税」、「TPP」そして「原発」いずれも、即刻斥けるべき極度の害悪ですが、テーマごとに個別のデモを行う、時間の余裕がない。三つまとめて反対します。
 現状での増税に、亡国TPPに、制御不能の核発電・原発に、いずれも反対であるという有志国民のご参加を求めます。

増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!

平成24年1月22日(日)集合15時30分 出発16時

【雨天でも実施します】

集合場所:みやしたこうえん 北側広場
(JR渋谷駅東口・宮益坂口より出てすぐの明治通りを左へ5分 渋谷区神宮前6-20-10)

地図     ※公園真下に駐車場あり。

デモコース: 渋谷・みやしたこうえん出発〜東電電力館前〜宮益坂〜青山通り〜神宮前〜明治通り〜神宮通公園終着(3.6Km 約70分)

<お願い>
・交通安全・公序良俗になにとぞご配慮ください。

・プラカード、幟、横断幕など自作の持ち寄りを歓迎いたします。鳴り物、コスプレも御自由にどうぞ。

・シュプレヒコール等は、あえて不統一とします。

・暴力や加害を促す表現の使用を堅くお断りします。

1・22渋谷 【増税・TPP・原発に断固反対デモ 怒れ、国民!】
実行責任者 小吹 伸一
 
Mail: kobukidesu@livedoor.com
п@:070−5552−8284 

3_bad_page0001.jpg
 
3_bad2_page0001.jpg
FUCK_YA_page0001.jpg 

tyranno_page0001.jpg

【お詫び】

1月11日、ツイートにて、「14時出発」と予告していましたが、その後、「原水爆禁止日本国民会(原水禁)」主催の「再処理とめたい!定例デモ」と集合場所・出発時刻が重複していることが判明。当方より以前に、原水禁が公園広場の占有許可を取得していたにもかかわらず、区役所の手違いで、当方にも同日同時刻の占有許可を交付したことでバッティングが発生したものです。
原水禁はすでに正式な公示を行ってたため、当方が、出発時刻を16時に調整することにいたしました。

このため夕刻デモとなり、終了までに日が暮れることになりますが、なにとぞご了承たまわりたくお願いいたします。日曜ですので、暗くなってもなお、多くの人出があるものと予想され、PR効果は充分と存じます。

なお、原水禁主催の「再処理とめたい!定例デモ」も、たいへん重要な行動ですので、お時間のご都合よろしい方は、14時出発のこちらにもご参加いただければと希望します。解散地の神宮通り公園は、当方デモ出発地のすぐ近くです。

 同日開催 
仲間である稲井邦利さん(
@kunitoshiinai)主催による、脱原発浦安パレードは、雨天のため中止になりました。
posted by 小吹 伸一 at 00:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。